Monthly Archives: March 2018

Home/2018/March

企友会です、インタビューさせてください Vol.5 特別企画ロングインタビュー前編

2019-03-14T23:24:00-07:00

Maple Fun Tours Ltd. President ビル 別所 BUSINESS DATA: 戦後ベビーブーマー時代の団塊世代に東京で生まれる。両親は日本人だが、母親はカナダ生まれ20歳までカナダ育ち。息子には日本名の別所和雄とは別にカナダ名のWilliam Kazuo Besshoとも命名する。そんな母親のもと小学3年生の頃には中学英語を習得。東海大学理工学部通信工学卒業後、コンピューター関連の出力装置の販売保守の会社に就職。25歳の時にカナダへ移民。イギリスに本社を置くコンピューター関連会社に務める。その後、旅行関連会社に転職し、ガイド・手配・会計・予約などの部署で活躍され、1981年にMaple Fun Tours Ltd.を設立。カナダ3箇所(バンクーバー・バンフ・トロント)の事務所と日本4箇所(東京・大阪・福岡・札幌)に事務所展開している。2018年にはカナダ・モントリオールにも新事務所の設立を予定。 CITAP(Canadian Inbound Tourism Association - Asia Pacific)元会長としてもカナダのインバウンド業界を牽引。創立38年の今なお果敢に邁進を続けている。 特別企画ロングインタビュー前編は、ビル別所さんを形作る礎、そして彼が全力で守り続けているものへと迫ってみます。 ライブ演奏と人々の楽しげな話し声が響く、モダンで華やかなホテルのロビー。ガラス張りの落ち着いたラウンジの一角で別所さんをお迎えして一息入れた瞬間、蛙が飛び込む音が聞こえてくるような不思議な静寂を味わいながら、今回のインタビューは始まりました。 一所懸命: もともとは、武士が先祖から受け継いだ土地を次の世代へ引き継ぐために、命をかけて守ったことに由来。今目の前に与えられた1つのことに全力で打ち込むこと。

企友会です、インタビューさせてください Vol.5 特別企画ロングインタビュー前編2019-03-14T23:24:00-07:00

ばんてら1回目を開催。「バンクーバーの日系社会はなぜ、薄口醤油なの?」

2019-03-12T15:03:04-07:00

皆さま、バンクーバー寺子屋こと『ばんてら』です。いよいよ2018年ばんてらが、はじまりました。 今年のテーマ「BOLDな日系社会を作ろう」でして、1回目のテーマは。「バンクーバーの日系社会はなぜ、薄口醤油なの?」 けっこう挑戦的なテーマですよねえ。 だって「日系って薄口醤油よねえー」なんて会話、普段します?? だいだいですね、 薄口醤油って何よ?  ボールドな日系社会ってどんなのよ? ボールドになったからってわたしに何か良いことあるの?  (何故にかケンカ腰、笑)って思いますよね。 (じっさい、わたしは思いました。「一体わたしに得になることあるの?」って。そうなんです、そういうところから話がはじまるのが「ばんてら」で、ここからどんどん話が膨らんで行くのです。 さて今回はどんな話となったのでしょうか。 谷口明夫さんの潜入レポ & "横からコメント"で、いってみましょう。 2018年第1回目の「ばんてら」塾活動が3月12日に開催されました。 2018年の年間テーマ「BOLDな日系社会を作ろう!」であります。今年は2か月毎に計5回の開催を予定しておりまして、年間テーマに対して現状認識から始め、考察、そして解決策を塾生の皆さんと活発に議論し、広く会員の皆様と共有できればと願っております。

ばんてら1回目を開催。「バンクーバーの日系社会はなぜ、薄口醤油なの?」2019-03-12T15:03:04-07:00

今年の Sakura Days ジャパンフェアは…

2019-03-10T01:16:52-08:00

今年のSakura Days ジャパンフェアは、4月14日(土)、15日(日)の二日間に亘って開催されます。 日本の食べ物、日本のパフォーマンス、日本のビジネス、日本の文化を見て、そして体験できるイベントです。 Sakura Days ジャパンフェアは、バンクーバー近郊に住む人たちに日本を紹介するイベントで、日本を身近に感じてもらい、日本とカナダが相互の理解を深めることを目指しています。いわゆる、日本とカナダの『架け橋』の一つに成ればと願っています。 ジャパンフェアは、2009年より、六つの日系ビジネス団体が一つに成って、VanDusen Botanical Garden、在バンクーバー日本国総領事館の協力を得て、Vancouver Cherry Blosome Festival との共催で始まりました。最初の年は、バンデューセン植物園の一部を借りて行う小規模のイベントで、来場者も5,000人程度でした。2010年は、冬季オリンピックがバンクーバーで開催されたため、開催できませんでしたが、2011年より再び継続開催し、今年で、9回目の開催となります。フードや販売/非販売の参加ベンダーの数は、50を超え、パフォーマグループは30を超えるグループが参加し、来場者も10,000人の来場者がある大きなイベントなりました。毎年新たな試みを加え、さらに魅力のあるイベントしてゆきたいと思っています。 Sakura Days ジャパンフェアの運営は全てボランティアで行っています。毎年200人を超えるボランティアの協力を得ています。その多くは日本に興味を持ち、親しみを持って頂いている人達で、ボランティアの力なくしては開催できないイベントです。今年はボランティアへの感謝の意を込めて、イベント後にパーティを予定しています。 過去8回の開催を振り返った時、改めて多くの人が日本に興味を持ち、親しみを感じていただいていることがわかります。2011年は、イベント開催前の3月11日に東日本大震災が発生し、急遽被災地への援助を決め、イベント来場者の多大なご協力により、$ 29,033.88 の義援金を日本赤十字社に送付することができました。また、その翌年には『日本とトモに』をテーマに、来場者の被災地への温かいメッセージと$ 1,146.60の義援金を、被災者を献身的にサポートしている福島大学災害ボランティアセンターに送付しました。 このイベントを通じて日本の良いところを当地に住む人たちにつたえ、また当地の人達の日本に対する気持ちを日本に伝えることにより、日本とカナダの絆がさらに強くなればと願っています。 企友会理事 塚本隆志

今年の Sakura Days ジャパンフェアは…2019-03-10T01:16:52-08:00

企友会ウェブサイト制作者募集(決定)

2019-01-23T20:18:31-08:00

企友会の今年は「動」をテーマにアクティブに活動いたします。その活動の一つに年内までのウェブサイト刷新を掲げております。現在のウェブサイトからデザインも機能も一新したものであり、費用は企友会の積立金からの捻出となります。 つきましては、 ウェブサイト刷新にあたり、それを請け負っていただけるウェブプログラマーとデザイナーを募集いたします。募集の条件といたしましてまずは「会員または会員のご紹介の方」で引き受けていただける方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお待ちいたしております。 団体名 :企友会 担当者 :ウェブ刷新担当 美緒 シェア 連絡先 :info@kiyukai.org 企友会事務局 締め切り:2018年4月30日月曜日 ご興味のある方は事務局までご連絡をいただけましたら幸いです。 皆さまよりのご連絡をお待ちいたしております。

企友会ウェブサイト制作者募集(決定)2019-01-23T20:18:31-08:00