さらなる日系ビジネスの輪へ

バンクーバーにはビジネス団体が数多くありますが、それぞれの団体の特徴や活動内容がよくわからない、あるいは日本やカナダ内からの問い合わせにどの団体に聞いてよいか分からない、といった話がしばしば持ち上がっていました。

実際、26年もビジネスの最前線にいる私ですらよく知らない団体もあります。それぞれの団体がこんなことをしているのか、はたまたこんな団体もあったのか、という発見がいまだある状態です。

そんなこともあり、バンクーバーのビジネス系10団体で組織する「連絡協議会」でもう少し連帯感を持たせ、それぞれの会の特徴を引き出し、ビジネス団体の活性化を図ることを目標に今年1月より私がその議長を仰せつかりました。
まず手掛けたのが連絡協議会のウェブサイトの作成です。これがないと何も始まらないことから急いで内製し、5月終わりには完成させました。(www.cjcbc.org)これは日英切り替え方式になっており、日本からもカナダからもこの日系ビジネス団体の全体像を確認いただけます。
次いで、そのお披露目も兼ねて連絡協議会メンバーのレセプションを5月24日に開催いたしました。これは団体間の親交を深め、一団体だけでは参加者や集客に不安がある際に、他団体との共催を容易に行えるきっかけづくりと考えています。

また、今までは各団体がバラバラで企画していた同様イベント(歓送迎会や季節のイベントなど)をなるべく合同開催し、より効率的に行えるようにしたいと考えております。例えば8月に離任される総領事の送別レセプションは連絡協議会と文化系団体がコラボした形で準備しています。

また現在取り組んでいる共同案件として日加修好90周年を記念した4分間の映画作成をバンクーバーアジアフィルムフェスティバルと行っています。これなども今までは団体単体ではなかなか成し得なかったことですが、参加団体の協力で大きな力と知恵で新たな挑戦に挑んでいます。

バンクーバーの中で日本の存在はかつてに比べて薄まっています。両国のビジネスのつながりの規模は引き続き大きいのですが、全体の中に埋もれつつあるのが現状です。
もっと日本を知ってもらおう、バンクーバーでも活躍している日本のビジネスがたくさんあることを知ってもらうことは我々ビジネスをする者にとって共通する課題です。
どうか皆様の手を貸していただき、日系ビジネスの輪をもっと太く、大きくしていければと考えております。

どうぞよろしくお願いします。

企友会 理事
連絡協議会 議長
岡本裕明

2019-03-14T23:19:17-07:00