研究テーマ:ケータリング企業を革新する方法について。

Column Masako Matsumoto

現代のケータリングの革新は、新しいアイデア、手段と方法を使うことを必要とします。 イノベーションの目的は、市場に応えること、顧客のニーズを満たすこと、そして最終的にはより良い社会的および経済的利益を得ることです。 意図した目的を達成するために独自の製品を開発したい場合は、革新的なケータリングの基本原則を把握する必要があります。

01
文化的テーマを強調する
今日ケータリングの文化はビジネスのあらゆる面に浸透しており、レストランのデザインのレイアウトや装飾から料理の色、香り、味、形、道具まで組み合わせがあります。 ケータリングのイノベーションの過程において、私たちは常に文化的特質の促進をビジネスの主な方向性と見なし、より健康で文化的なテーマを作り出​​し、ケータリング事業のための新しいアイデアを切り開くべきです。

古くから日本食はその美しいスタイルと文化的特質で知られてきました。 色、香り、味の統一により人々の食欲が増進され、人々が視覚的な審美的な楽しみを享受することから、ケータリング事業と革新は「食物」の基礎から切り離せません。 和食器の美しさと食べ物との調和は、日本の伝統的なフードアートの重要な部分であり、またケータリング事業の重要な部分となっています。 ケータリング用品の美しさ、質感の美しさ、色の美しさおよびパターンの美しさは、ケータリング器具の全体的な美しさに大きな影響を及ぼし、互いにブレンドされ新しい領域に到達します。

食環境は日本の食文化の審美的において重要な一面であり、良い食事環境は食の味を向上させることができます。全体の美しさを見せる方法、適切な食事環境をどのように配置し選択するか、レストランに季節毎の植物を配置する方法およびにランプなどのセットアップ方法は、現代のケータリング作業で研究されるべきポイントです。 ケータリングビジネスのイノベーションは、昔から時代の発展とともに人々の審美的な趣味やニーズの変化に応じて大きな変化を遂げてきました。 ケータリングのあらゆる側面に文化がしっかりと浸透またはケータリングビジネスが常に文化の主要テーマを中心に展開している限り、それは人々の心をつかみ消費者を引き付けます。

02
ビジネスプロジェクトを拡大する
ケータリング製品の革新において、ケータリング市場の変化の研究や新しいビジネスコンセプトの確立、ビジネス方針の変更、新しいアイデアをあえて開拓することが求められます。 一部の企業がブランドや企業文化の影響を十分に発揮する場合は、企業の可能性を深め多様な事業の発展方向を探ることになります。 レストランのケータリングは元の現状に限定されるべきではなく、料理の風味を高め、専門性や新しいテーマを開発することが肝心です。 要するに私たちは伝統的なビジネスコンセプトと思考様式の束縛を乗り越え、市場の開発ニーズに従うことが求められます。

ケータリング事業は伝統的なモデルを打ち破ることを求められます。私たちは娯楽、知識、健康、栄養、情報を組み合わせ、食品を複数の文化的な形に統合する新しいサービスコンセプトを作成します。またケータリングのビジネスレベルの向上、文化的なコンテンツを増やすこと、レストランの特別なアイテムを増やすだけでなく、ユニークな食事の雰囲気を作り出し、ケータリングの消費レベルを向上させるレストランの社会的影響と利益の拡大をもたらします。

03
対象顧客に適応する
市場の細分化が進むにつれ、ビジネスイノベーションのためのケータリングも狭い市場レベルに注目するようになり、独自のテーマを持ったレストランが絶えず出現します。 今日では多くの高級レストランがビジネス客や有名人のニーズに応えるために店舗をを開拓しており、商品開発においてはアワビや高麗人参などの高級食材の生産に特別な注意が払われています。

ケータリング事業ではレストランのスタイルにより文化的特性も異なります。その場合、一方で地元の人々の消費特性や習慣を考慮し、他方では特定の消費者グループの消費特性を考慮する必要があります。時代の特徴を具現化しながら、優雅さと味の味を達成し、顧客の興味をそそることが必要です。

04
トレンドをリードするレストラン業界
レストラン業界は、その市場の大きさと急速な成長のため広く注目されてきました。ケータリング製品の革新は、料理だけではなくレシピ、環境、サービスの面でもトレンドを先導します。 製品の革新では、ライトなオイル、砂糖、塩、脂肪、調味料、いわゆる「5軽」を志向するトレンドがあります。

ケータリング業界の事業では、企業ブランドイメージを確立し、フランチャイズ、技術品質の統一、利益の共有、資産統合、戦略的統合、企業間協力によるグループ管理や競争力を高めるためのM&A が求められます。ケータリング事業のイノベーションでは、型にはまらないこと、他人がしなかったことをすること、特性管理をさらに発展させること、ケータリングビジネススタイルをより多様化させること、そしてケータリング業界の繁栄と発展にもっと貢献することが必要です。

企友会理事

松本真子

最新ニュース

2019-05-06T11:14:07-07:00