ゴードン 門田さんを偲んで

Gordon Kadota
2003年第一回日系ビジネスアワード『功労賞』受賞

私も、ゴードンさんの訃報に接し、寂しさが込み上げた一人でした。

企友会も、ゴードンさんに大変お世話になりました。
日系コミュニティの発展に大きく貢献されたとして、企友会日系ビジネスアワード第一回功労賞を受賞いただきました。日系コミュニティの顔として、献身的に活躍・貢献された事例は数え切れず、多くの皆さんが語っていらっしゃいます。

ゴードンさんには、企友会クリスマス会に毎年カナックスのボックス席ペア観戦チケットを提供いただきました。私は、ドネーションを依頼する担当で、毎年ではありませんでしたが、時々直接お会いしてお話をさせていただきました。 昨年も、私がドネーションをいただきにOKショップにお伺いした時も、わざわざ私が来るのを待っていていただき、近くの喫茶店でお話させていただきました。その時にも強く感じたことですが、本当に記憶が明確で、それが起こった年度まで間違わずにお話されていました。それぞれの活動に誠心誠意努められていたからこそ、その記憶が確かなのだと思います。

ゴードンさんは、ゴルフも好きで、企友会のゴルフ大会にも何度か参加いただき、私も一緒のパーティで回らせて戴いたこともあります。明るい、そして楽しいゴルフをされていて、ゴードンさんに比べれば若輩の私とも、同等に冗談を言いながらの楽しいゴルフでした。ゴードンさんの人間的魅力を強く感じ、父と一緒のような温かい空気に包まれたラウンドでした。一方、ルールには厳格で、『お触りあり』のルールを設定した私が一喝を戴いたこともあり、正義感の強い一面もお持ちで、凛々しいお人でした。

あのゴードンさんの周りに漂う暖かな空気に、もう接することが無いのかと思うと、寂しい限りです。そして日系コミュニティにポッカリと大きな穴が開いた感が否めません。その穴は到底埋めることができませんが、企友会も、ゴードンさんの遺志を継ぎ、日系コミュニティの発展に尽力しなければいけないと、あらためて本来の目的を再認識しています。

ゴードンさんのご冥福を企友会一同、心からお祈り申し上げます。

2019年8月15日 企友会理事 塚本

2019-08-20T18:34:33-07:00