kyadmin

Home/kiyukai Admin

About kiyukai Admin

This author has not yet filled in any details.
So far kiyukai Admin has created 156 blog entries.

増大する主観性と議論の重要性

2020-02-20T00:17:32-08:00

「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。」 上記はニーチェの言葉ですが案外事実と思っているものは他者から見ると全く違う事実があったりします。痴話喧嘩かと思い聞いていたら男の方が付き合っていると思っていて、女の方が友達だと思っていたなんて事に遭遇した事はありませんか?こんな事にニーチェの言葉を借りるのも何ですが二人の間には違った事実という幻があって、他者から見ればデートに行ったと言う行動の意味の二人の解釈が違っただけです。 話は痴話喧嘩から壮大になりますが世界の流れ、または問題をみて思ったのは多くのこれらの事象は主観性によるものではないかということです。北米では移民の流入によりかつての規範となってきた北米の客観的事実が通用しなくなりました。これは客観的事実と言うものは全ての人に適用することはとても難しく、それぞれの国が宗教的、文化的な考えに基づいて長年の歳月をかけて育んできたからです。言い換えてしまえば同じ国と言う背景があると解釈が似るためにそれが事実であると錯覚していると言うところでしょうか。移民による客観的事実の乱立により多くの北米の方々は主観というものに頼るようになってきました。そして、それに加えソーシャルメディアにより主観性はより強まり、加速してしまったのがLGBTムーブメント、フェミニズム、マイノリティ文化だと私は考えております。私自身は来るもの拒まずのスタンスなので静観するのみですが、異なる人が交わるという事は主観のぶつかり合いでは達成されないという事は実感しています。上記の痴話喧嘩が上手く収まる事がありますか?本質を見てしまえば上記の問題も痴話喧嘩も何ら違いません。思想、背景が違う人達が同じ事象を各々解釈し自分の意見のみを主張していると言うだけです。 意見の主張といえば私が良く感じるのは議論というものが昨今とても難しくなったということです。主張の最初に「マイノリティの私としては」、「LGBTQの一人としては」などつけられると、その主張に対する反論がアイデンティティの否定に直結してしまうため議論ができずに主観的な主張のみが乱立してしまう世の中になりました。また正しいポリティカルコレクトネスなら良いですが、言質取りとして発言者が差別的な意味合いを込めていないにも関わらずバッシングをしてしまうのはどうかと思います。そうなってしまいますと発言の内容には誰も関心をむけませんから。このような状況はこれから加速していき個人の面でもビジネスの面でも気をつけるべきことになると予測しています。また、これらの流れがここ数年の極右、極左政権の台頭に繋がってきているのではないでしょうか?議論によって妥協点を見つけマイルドになるべき意見が議論と言うフィルターを通さずに国民の声としてそのまま政権に反映されてしまう少々危険な状況になっているのかもしれません。 かく言う日本もゆとり教育、体罰規制、グローバリズムによりかつての日本人の客観的事実、思想というものが強制されなくなりました。これによって若い世代と団塊世代の大きなギャップが生まれているのでしょう。この流れと海外留学の増加により日本の若い世代が枠にとらわれずに活躍できる機会になることを祈りますが、反面、国内の問題点としては日本へ来る移民の増加により古い世代、新しい世代、移民、の思想の乱立により日本もこれから北米が直面している多くの問題を抱えることになるでしょうか。今の企業の社内規則の厳粛化を見ているとカナダ・アメリカという移民国でさえこの問題を解決するにはまだ時間がかかるなと思います。その結果、規制のみが増えるという生きづらさに繋がってしまうのかもしれませんが、それに適応することにより見える世界もあるのかもしれません。我々ができることとしては議論を通し新しい知識、意見をオープンに取り込んでいき、過去の自分に囚われないという事でしょうか? 企友会理事 山本遼

増大する主観性と議論の重要性2020-02-20T00:17:32-08:00

【海外子女教育サービス】のご案内

2020-02-05T23:53:27-08:00

カナダ在住の皆様 初めまして、株式会社留学館の田内と申します。 弊社が運営する留学館KIKOKU塾は、帰国子女の中学・高校・大学進学を主にサポートしている学習塾です。年間200名程度の世界各国に滞在されている帰国子女の皆様に学習機会の提供を行っております。 KIKOKU塾では、帰国子女の異なる学習状況に合わせて授業を行える様に、完全一対一の個別指導を中心に学習機会の提供を行っています。 家庭教師派遣による海外での直接指導やオンラインでの指導も行っております。 カナダでは、バンクーバー近郊で家庭教師の派遣が可能です。 また、3/16~20の間にバンクーバーにて大学進学者対象の講習会を実施する予定です。 デジタルパンフレットの配布、無料で体験授業や学習相談を随時行っておりますので、ご相談いただければと思います。その際は、info@ryugakukan.comまでご連絡ください。 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-31-5 巣鴨茂木ビル3F TEL:03-5985-4330 HP:https://www.ryugakukan.com/ MAIL:info@ryugakukan.com

【海外子女教育サービス】のご案内2020-02-05T23:53:27-08:00

AGM・新春懇談会

2020-02-20T00:26:44-08:00

こんにちは、企友会ボランティアの本郷です。今年も年次総会&新春懇談会にボランティア参加してきましたので、その様子をお伝えしていきたいと思います。年の初めの一大イベントということで、外はあいにくの大雨ながらも、たくさんの方々にご来場いただけました。 まずは、企友会の年次総会です。年次総会では、企友会の理事と会員が集まり、昨年度の活動報告と今年度の活動についての発表が行われます。 今年は理事会も一新、谷口新会長の下、新会員からも数名の理事が選出されました。企友会は、バンクーバーの日系コミュニティの中でも特にアクティブに活動をしている団体のひとつだと思いますが、このように新しい風をどんどん取り入れていくこともコミュニティ成長の秘訣なのでしょう。今後も企友会から目が離せません。 気になる今年度のイベントについては、昨年に引き続き「ばんてら」塾などの参加型イベントの定期開催を行っていくとのこと。「ばんてら」とは、「バンクーバー寺子屋」の略で、ある年間テーマに沿ったお題について皆で一緒に考えよう、という面白い勉強会です。私も今までに数回参加していますが、業界や世代の違いを超えて色々な方々と意見を交えることのできる、とても貴重な機会となっています。今年のお題は何になるのでしょうか?とても楽しみです。 年次総会の後は、企友会、懇話会共同での名刺交換会です。会場には美味しいサンドイッチやケーキなどの軽食が用意され、和やかに交流のひとときが持たれました。 風格漂うビジネスマンが一堂に会するという、バンクーバーでは少し珍しい光景。司会担当の方が「こんな感じだと思ってなかった…緊張する…」と、小声で懸命に司会の練習をしているのが聞こえてきます(司会、お疲れ様でした!)。 しばらく思い思いに会話や軽食を楽しんだ後は、ホール内に移動して、新春懇談会の開催です。今年は、領事館の石川領事と懇話会の田村副会長にご講演をいただきました。 開会の挨拶は、企友会の谷口新会長です。ここで、昨年度で退任された企友会の功労者、澤田元会長に花束の贈呈が行われました。澤田元会長、長い間本当にお疲れ様でした。 新春懇談会では、まず、在バンクーバー日本国総領事館・経済担当領事の石川様より、「カナダ・BC州経済情勢」と題してご講演をいただきました。 この日のために、普段あまり目にすることのないようなデータを沢山ご用意くださり、カナダ、特にBC州の経済活動について、日本との関係を交えつつお話しいただきました。特に貿易については、カナダ全体、BC州、品目別、と色々な視点からの輸出入のデータが用意され、とても勉強になりました。 また、姉妹都市などの地域レベルでの連携についてのお話も身近で興味深かったです。日本とBC州との姉妹・友好都市はなんと33都市も存在するとのこと。一覧を見てみると、バンクーバーやリッチモンド、バーナビーを始めとした、よく知っているような都市にもそれぞれ日本との姉妹都市が存在しています。バンクーバーと横浜市はどちらもオシャレな港町といったイメージで、いかにも姉妹だな、などと思いながらお話に耳を傾けていました。 次に、懇話会副会長の田村様より、「これまでの駐在経験を通して見る日本人の特徴と日本語の美しさ」と題してご講演をいただきました。日本人にとっては「あるある」が満載の親しみやすく面白い内容でありながら、非常に心を打たれるお話でした。 お話の中で、日本人の性格の良さを形成してきたものとして、「悪いことをするとお天道様が見てる、閻魔大王が見てる」という教育が挙げられました。世代を追うごとにお天道様や閻魔大王の出現頻度は下がっているものの、悪いことをしない、人が困るようなことをしない、という教育は、私たちの世代も幼いころから一貫して受けてきたように思います。 「人が困るようなことをしない」ためには、相手の気持ちを考えることが不可欠です。お話にあったような日本式のコミュニケーション(主語がない、直接的に命令や否定をしない)においても同様に、相手の気持ちを考えることはひとつの鍵であるといえるでしょう。日本語の美しさは、そのような、いわば思いやり精神にも見出されるものだと認識させられました。 お二人のご講演後の質疑応答では、ある質問に対して他の参加者の方からも有益なコメントが得られる場面がありました。これぞ日系コミュニティの連携ですね! こうして終わりの時を迎えた新春懇談会は、懇話会理事 上遠野氏による威勢のよい三本締めで締めくくられました。一面のスーツ姿に三本締め、ふと日本にいた頃の感覚が蘇るようでした。 企友会ボランティア 本郷

AGM・新春懇談会2020-02-20T00:26:44-08:00

企友会会長就任の挨拶

2020-02-02T00:27:59-08:00

本年1月20日の企友会年次総会において2020年度の企友会会長を仰せつかりました谷口明夫です。今まで6年間理事を経験し色々な活動に関わり、多くの方々との交流を通して社会との繋がりを実感しながら、企友会の運営の一端を担わせていただきました。 今回、会長として企友会及び日系ビジネス社会の発展にどのように貢献していくことができるか、会員の皆さんをはじめ理事の方達の思いや期待をしっかりと受け止め皆さんの協力を得ながら取り組んでいきたいと思っております。 企友会のミッションは「BC州における日系の事業家および起業を目指す人を支援し、日系ビジネス社会の発展に寄与する」であります。また、ミッションステートメントは「情報交換・相互扶助・発展」であります。 (企友会website; http://kiyukai.org/index.php/about/をご覧ください) 本年度の活動は、今までの活動を踏襲しつつ、多くの会員の皆さんに参加意欲を持ってもらえるような魅力ある活動・イベントを提供し、会員相互の情報交換・人材交流を活発にしていきます。また、外部ビジネス団体との交流を深め、会員の事業家や起業を目指す人達を支援していきます。 本年度の理事会は昨年から留任の理事7名と新任の理事4名の12名体制で運営します。 留任の理事には幅広い人脈と経験を活かして企友会の存在価値を高める、また新任理事には新しい発想で企友会のイノベーションのトリガーになっていただきたいと思っています。 皆様方におかれましては、引き続き企友会へのご理解とご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 企友会 会長 谷口明夫

企友会会長就任の挨拶2020-02-02T00:27:59-08:00

ばんてら第5回目を開催しました。

2020-01-10T12:58:44-08:00

年の瀬が迫った12月中旬、2019年最後のばんてらの日を迎えました。 最終回となる第5回目のテーマは、「社会環境の変化にうまく対応し、変化のフォロワーではなく、リーダーになろう。」です。   まず議論は、これまでの人生のなかで自分にとって一番大きかった社会変化を述べる、というところから始まりました。 世代も性別も異なる参加者からは、具体的には以下の様なものが挙がりました。 ・情報獲得媒体の変化 iPhoneなどスマートフォン端末/SNS/Skype/PC/スマートスピーカーの登場 ・社会の変化 産休・育休制度/金融ビッグバン ・出来事による変化 9.11同時多発テロ/バブル崩壊 バブル崩壊が、当時学生であった自分の就職活動に影響をもたらした、Skypeで費用を気にせず、国を超えて気軽に連絡が取れるようになった、PCの登場でビジネスの幅が広がったなど、モノ・コトに関わらず何が生活に大きな変化をもたらしたかは、参加者の世代や、置かれた環境によって様々のようでした。ただ、参加者全員が賛成したのが、テクノロジーの急激な発達によってもたらされた社会環境の変化であり、そしてそれらがひいてはグローバル化、流通革命、ファストファッションなど社会的事象にも影響を及ぼしていることを認識しました。 さて、今年のばんてらのメインテーマは「我々は社会環境の変化に対してリーダーになれるのか、フォロワーになるのか」です。全員がリーダーになれるわけではないし、フォロワーが悪いわけでもない。ただ、社会環境の変化へのキャッチアップにこぼれ落ち、不幸になっている人には救いの手が必要なのでは?果たしてその方法とは? という議論をしている際に、昨今の日本で社会問題として取り沙汰されている、「引きこもり」の話が挙がりました。引きこもりは社会環境の変化についていけなかった人の成れの果てなのだろうか?いや、引きこもりとは必ずしも社会から零れ落ちた人達だけではなく、インターネットやその他技術の発展によって従来とは異なる社会参画ができるようになった人もいるのでは?というユニークな議論も起こりました。 誰もが簡単に最新技術を購入・利用でき、国境を越えて情報に簡単にアクセスできる社会となりました。もはや、人に会いに何時間も車を運転したり、会議をするために飛行機に乗って出張したりするのもナンセンスなのだろうか、という思いにも至ります。最新情報をキャッチアップし、最新技術を使いこなし、効率的に行動することが、社会環境の変化に対するリーダーたる条件でしょうか。。。なんだか違和感がありますね。 ここに本文自分自身がリーダーになれるのか、という答えを出すにはまだまだ時間がかかりそうですが、2019年ばんてらを通じて、わかったこともあります。 ばんてらでは、様々な世代・性別の方達と意見を交わすことができました。 その度に世代や性別、国籍の差異を通して自分にはない考え、価値観や新しい発想に触れることができました。様々な情報に手軽にアクセスできたり、最新技術の発展によって出来ることの選択肢が多分に増えた昨今だからこそ、デジタルだけではない、人と人が顔を合わせて話をし、五感をフル活用させて相手を理解しようとしたり、客観的な意見を取り入れたりして、感性を磨いていくことが大事なのだと感じた2019年のばんてらでした。 2020年も新たなテーマを掲げたばんてらが開催される予定です。 引き続き、是非沢山の方々のご参加をお待ちしています!

ばんてら第5回目を開催しました。2020-01-10T12:58:44-08:00

Sales Representative Trainee (Japanese/English)

2020-01-08T12:25:24-08:00

バンクーバーの日系不動産開発、投資、管理会社が、日本(東京)に進出する為に、チームプレイヤーで明るくやる気がある営業の方を募集しています。約9か月から1年間はバンクーバーでSales Representative TraineeとしてOJTで指導を受け、その後日本オフィスの立ち上げに貢献し、全体をマネジメントしていただきます。ストリートスマートで自発行動者の方、将来会社のコアのメンバーとして活躍する意欲のある方のご応募をお待ちしています。 Job Title: Sales Representative Trainee (Japanese/English) 参照番号 #: PFSRBC070120 雇用形態:正社員(パートタイム、フルタイム応相談) 開始日:ASAP 勤務地:バンクーバーダウンタウン 勤務時間:月~金 勤務日程・時間応相談 給与:フルタイムの場合:$35 - 40K-(DOE) 主な職務内容: - 投資家開拓および関連業務(営業、セミナー開催など) - 新規顧客開拓 - 東京オフィス立ち上げ準備(予算、見積など) 応募条件: – 日英堪能 – 最低3年以上の職務経験 – 金融か不動産業界経験者歓迎 – 標準的なPCスキル(エクセル、ワード、パワーポイント)

Sales Representative Trainee (Japanese/English)2020-01-08T12:25:24-08:00

インターネットでつながる情報化社会での人間関係

2019-12-28T00:33:10-08:00

我々は毎日の生活の中で どれほど頻繁にインターネットを通して人と会話をしたり、様々な情報を入手したりしているのでしょうか。パソコンやモバイルがあればいつでもどこでも 誰かとコミュニケーションでき自分の欲しい情報(真偽の程は別に)が簡単に手に入る便利な世の中になったと感じています。 インターネットの普及した今日、簡単に手軽に人とコミュニケーションができる世の中になっていますが、しっかり意思疎通を図り、より良い人間関係を構築するために人はどのように他人とうまくコミュニケーションし付き合っていけばいいのでしょうか。 年末年始ともなると様々な人と顔を合わせる機会が多くなり、旧交を温めたり新しい人間関係を築いたりすることができるでしょう。私も年末にはクリスマスパーティや忘年会そして年始には新年会や名刺交換会に参加し、人との付き合いを大切にしたいと思っています。また、日本への年末年始の挨拶は便利なインターネットのEmailやSkype・Lineなどを使い、日頃のご無沙汰を失礼しながら引き続きのお付き合いをお願いしています。 インターネットによるコミュニケーションツールとしてFacebook、Twitter、InstagramなどのSNSが急速に普及して、人はそれぞれを目的、価値や好みで使い分けて不特定多数の人たちとのコミュニケーションが盛んになってきています。 このようなSNSは個人の情報を発信し、多くの不特定な人と情報を共有して自分の存在を感じることはいいことですが、反面、個人情報が独り歩きする心配も危惧します。一方で、ビジネス分野では、事業の案内やもの・サービスの広告などへの活用は有効な手段ともいえるでしょう。 私は現在、特定の人とコミュニケーションするためにPCでemail、スマホでmessageやLineを利用してコミュニケーションしています。内容は単なる連絡確認事項や気さくな会話が中心で手軽で便利なようですが、相談事や複雑な問題を話し合うには十分でないような気がしています。 人と良い信頼関係を構築するには、自分の意見・思いをうまく伝える能力、相手の話を聞いて共感し合える気持ちの余裕、さらにはたとえ考えが違っても相手の意見を尊重するといった視野の広さが求められるのではないでしょうか。 言い方を変えれば、SNSでのコミュニケーションではこのような感性を持っていても文章なり写真で表現することはなかなか難しいのではないでしょうか。まして文章で相手に自分の思いや考えを伝えるとなると、それなりに内容を整理して記述する文章力が必要でしょう。また相手がどう受け取ったかを知ることもなかなか難しいと思います(このコラムを書くにも、拙い文章力で悪戦苦闘しています) ではどのようにすればいいのか?当たり前のことですが、初めはともかく最後はその人と会って顔と顔を合わせて話しあうことが一番の近道ではないかと私は思います。 遠く離れている人や普段なかなか会えない人との交流は、手紙や手軽なemail等が欠かせないですが、会う気があれば会える人とは、機会を見つけては顔を合わせてコミュニケーションしたいものです。 ビジネス面においても、思いを同じくする仲間を見つけお互い顔と顔を合わせ、話しあうことで信頼関係が構築され、新しい事業につながっていくのではないしょうか。 私の信条は、人は一人では生きていけない、人の支えと協力がその人の人生を楽しくする。そのためには、人とつながり、共生していく気持ちが大切だと思っています。 企友会は2020年も様々な活動を通して人との繋がり大切にしていきたいと思っています。 皆さんの参加を心待ちしています。 企友会理事 谷口明夫

インターネットでつながる情報化社会での人間関係2019-12-28T00:33:10-08:00

商品提案、会社紹介:雑貨の日本からカナダへの輸出に興味ある方、ご紹介ください。

2019-12-29T21:46:59-08:00

商品提案、会社紹介:雑貨の日本からカナダへの輸出に興味ある方、ご紹介ください。 株式会社丸井製作所 http://maruiseisakusho.com 弊社の製造商品は、コインアクセサリー、オリジナルアクセサリー、土産品、砂金関係アクセサリーです。雑貨の日本からカナダへの輸出に興味ある方、ご紹介ください。 20年ほど前、バンクーバーの貿易業者の方と10年位、取引実績あり。 会社名 株式会社丸井製作所 担当者 池田 制義 メール marui@alpha.ocn.ne.jp 電 話 03-3611-7587 サイト http://maruiseisakusho.com

商品提案、会社紹介:雑貨の日本からカナダへの輸出に興味ある方、ご紹介ください。2019-12-29T21:46:59-08:00

第17回日系ビジネスアワード・クリスマスパーティを開催しました。

2019-12-16T20:42:19-08:00

ホリデーシーズンの到来を控えた12月8日(日)、企友会主催の日系ビジネスアワード・クリスマスパーティがSheraton Vancouver Wall Centreにて行われました。 開場と同時に華やかにドレスアップされた皆様が到着され、開場のパーティムードが一気に高まります。中にはお着物をお召しになっている方も。 開会の挨拶:会長 澤田 泰代 18:30、定刻通りにパーティがスタート。澤田会長の挨拶に続いて、まずは日系ビジネスアワードの授賞式が行われました。今年の受賞者は下記の方々です。 新人賞プレゼンター:昨年度新人賞のARA・Professional Travel and Support 代表取締役社長 荒木大輔さん ★企友会新人賞 ほよよん ゆりえ 様 【プロフィール】 ほよよん ゆりえ 声優、テレビレポーター、イラストレーター、イベントの企画運営と多岐に渡る。 声優としての活動では、クライアントベースが現在58か国、700社以上、ジャンルは日本語ラーニング、ゲームキャラクター、読み聞かせやコマーシャルなど。また、日系コミュニティイベントでのMCやNIKKEI TV(ティーヴィー)のレポーターとしても活躍。

第17回日系ビジネスアワード・クリスマスパーティを開催しました。2019-12-16T20:42:19-08:00