kyadmin

/kiyukai Admin

About kiyukai Admin

This author has not yet filled in any details.
So far kiyukai Admin has created 89 blog entries.

iTTTi Vancouver

2019-05-24T00:57:57-07:00

バンクーバーの英語学校。一般&ビジネス英会話、有給インターンシップ等。 iTTTi Vancouver 住所 300-605 Robson Street, Vancouver, BC V6B 5J3 Tel 604-681-5550 Fax 604-681-5524 Email info@iTTTi.com URL https://www.ittti.ca Instagram @itttivancouver Facebook @ittti.vancouver Youtube @itttivancouver Principal / General Manager Sherri Motohashi

iTTTi Vancouver2019-05-24T00:57:57-07:00

GPI North America Services Inc.

2019-05-24T00:35:42-07:00

カナダ、アメリカ・ワシントン州留学手配・サポート GPI North America Services Inc. 住所 205-2526 Yale Court, Abbotsford, BC V2S 8G9 電話 604-557-4252 Email info@gpi-northamerica.com URL https://gpina.ca Executive Director Yoko Shimosaka 事業・サービス内容 非営利教育団体 カナダ全土とアメリカ・ワシントン州での異文化体験プログラムや留学手配及びサポート、ホームステイ手配等、異文化理解教育を柱にした教育プログラムを提供しております。クライアントの95%が日本からの小学生、中学生、高校生と大学生、現在約1300名から1400名の日本人へサービスを提供しています。

GPI North America Services Inc.2019-05-24T00:35:42-07:00

Canadian College of Shiatsu Therapy Inc.

2019-05-23T22:30:51-07:00

日本厚生労働省指導の指圧カリキュラムに基づく授業で、プロの指圧師養成 Canadian College of Shiatsu Therapy Inc. 住所 142 Lonsdale Avenue, North Vancouver, BC V7M 2E8 電話 604-904-4187 Fax 604-904-4183 Email school@oyayubi.com URL http://www.shiatsuvancouver.ca Facebook @Canadian-College-of-Shiatsu-Therapy Chairperson & CEO Kiyoshi Ikenaga

Canadian College of Shiatsu Therapy Inc.2019-05-23T22:30:51-07:00

Bridges International Insurance Services

2019-05-23T22:32:09-07:00

リスクマネジメントを中心とした各種保険契約の設計見積りと提案 Bridges International Insurance Services 住所 901-1030 West Georgia St., Vancouver, BC V6E2Y3 Phone 604-408-8695 Toll Free Phone 1-888-267-4461 Fax 604-331-1042 Toll Free Fax 1-888-298-6526 Email info@biis.ca URL www.biis.ca Managing Director Tomio Morohashi

Bridges International Insurance Services2019-05-23T22:32:09-07:00

Kami Insurance Agencies Ltd.

2019-05-24T01:00:21-07:00

創立1959年。カナダの日本語対応の保険代理店として、お客様に信頼と信用をお届けしております。 Kami Insurance Agencies Ltd. 住所 200-678 West Broadway, Vancouver 電話 604-876-7999 Email john@kamiinsurance.com URL http://kamiinsurance.com/news/ja/ Facebook @Kami Insurance Agencies Ltd. Insurance Agent John Kamitakahara 事業・サービス内容 当社では、住宅保険、自動車保険、ビジネス保険、生命保険、旅行保険、RRSPなど、全ての保険を取り扱っております。

Kami Insurance Agencies Ltd.2019-05-24T01:00:21-07:00

Skyland Tours Ltd.

2019-05-24T01:01:20-07:00

1975年創業という老舗のカナダ専門ランドオペレーターで「ふれあいの旅」をコンセプトに商品をお届けしております。 Skyland Tours Ltd. 住所 #209-223 West Broadway, Vancouver, B.C. V5Y 1P5 電話 604-669-2521 Email operations@skyland.com URL https://www.skyland.com/ Facebook @sltvancouver General Manager 西羅 正章 事業・サービス内容 観光ツアー、視察ツアー、学生ツアー、ホームステイ手配 バンクーバー市を本拠とするカナダ専門のランドオペレーター。1975年創業という老舗の会社で「ふれあいの旅」をコンセプトに商品をお届けしております。自然、人々、文化などふれあいの対象は様々ありますが、一味違った体験を通じて世界の人々がお互いをより理解し尊重し、この世の中が更に住みやすいところとなればと考えます。また、多文化主義を掲げているカナダはそのような体験をして頂くのに最適なところです。

Skyland Tours Ltd.2019-05-24T01:01:20-07:00

6月26日水曜日 パティオ de トークのお知らせ。

2019-05-23T10:32:14-07:00

夏と言えばパティオde トーク。 夏と言えばパティオ、パティオと言えばビール、ビールと言えば情熱的な会話! という事で、去年、一昨年と大好評でありました、パティオ de トークを再び開催いたします! 夏の始まりをお祝いしながら、今後の企友会の方向性・バンクーバーの経済状況・今後のビジネス見込み等々を語り合いましょう。 日時 6月26日(水) 午後5:30~午後7:30(出入り自由) 場所 Guu Garden、M101-888 Nelson Street 参加費 $25(おつまみのみ・チップ&税金込み、お飲み物はご自身で注文&お支払いください) 非会員のご参加も歓迎ですが、席に限りがありますので会員一名に対してゲスト一名までとなります。会員のゲストの方のお申込は、会員の方が一緒に行ってください。 お申込みは6月24日(月)、午後5時締め切りとなります。 6/24以降のキャンセルの場合は、参加費の返金はいたしかねますのでご了承ください。 参加費は当日現金にてお支払いください。 当日は、企友会ホームページ等に掲載する写真を撮影させていただきますので、あらかじめご了承下さい。 お申し込みは、下記の内容をご記入の上 info@kiyukai.org までメールお待ちいたしております。 お名前 :

6月26日水曜日 パティオ de トークのお知らせ。2019-05-23T10:32:14-07:00

特別企画ばんてらを開催『産業革命に次ぐ転機。ロボットやAIが浸透する社会が今そこに。我々はどう変わるべきか?。』

2019-05-21T23:28:25-07:00

ばんてらは今年で三年目となります。今まではカナダの日系社会の背景、歴史、他国コミュニティとの比較など、過去と現状を中心に勉強してきましたが、今年は『我々は社会環境変化へのリーダーになるのか、フォロワーになるのか?』を大きなテーマとし、未来への展望を中心に議論していきます。ただ時代の流れに身をまかせるのではなく能動的に行動するべきだと考える方々が集まっての議論となりました。 5月8日に開催しました第二回ばんてらは、「産業革命に次ぐ転機。ロボットやAIが浸透する社会が今そこに。我々はどう変わるべきか?」をテーマに、富士通インテリジェンス・テクノロジーよりシニアビジネスアーキテクト荒木逹樹氏とプラットフォームサービスディレクター岡野憲司氏の2名をゲストにお招きした特別企画となりました。 荒木氏には、AIにどこまでの裁量を持たせて良いのかといった倫理的な観点、岡野氏には、実際AIの導入によってどういったことができるようになるのかという観点から話し合いをサポートしていただきました。 話し合いは、『AIってパソコンに自我があるってこと?プログラミングとは違う?』といった初歩的な疑問から始まり、荒木氏・岡野氏に質問しながらAIとは何かを全員で共有するところへと進んでいきました。 AI (Artificial Intelligence)とは? 参加者それぞれが思い思いにAIとしてイメージするものを投げかけ、それらに共通するコンセプトを探りました。その結果、何かを学ぶというインプットと、「○○はX%の確率で□□だ」というような推測をはじき出すアウトプットから成り立っていそうだという議論になりました。その後、AIのビジネスはチャットボットのような産業横断的な技術の開発競争から、産業が抱える特定の課題を解決しようとするソリューションに移り変わりつつあること、今後当たり前のようにAIが日常に実装される日が来るであろうことを示唆されました。こうした前提の上で、どのようにして機械に学ばせるのだろうか?と言う問いかけに進み、 例えばコンピュータに猫を認識させるためには、どのようなデータがどれくらい必要なのか?それは猫の何を特徴として認識させるのか? これまでのプログラミングとの違いはどこにあるのか、演繹的な方法で正確性が担保されていることと、機能的な方法で学び正確性を担保出来ないところに違いがあるのではないか? といった基本的な仕組みから、 富士通インテリジェンスでの活用例や人間の意思決定とAIとの役割分担についてや、 軍事目的,倫理,犯罪やプライバシー  具体的には 犯罪捜査に応用出来る反面、間違いだった時にその責任は誰が負うべきなのか? 検索履歴を分析し、他のビジネスに活用していく動きとプライバシーはどう両立できるのか? その予測結果は個人の趣味嗜好や取捨選択に影響を与えていないのか?(その商品はおすすめ欄に現れなくても本当に欲しかったのか、無意識に企業に有利な選択をさせられているのではないのか、など)

特別企画ばんてらを開催『産業革命に次ぐ転機。ロボットやAIが浸透する社会が今そこに。我々はどう変わるべきか?。』2019-05-21T23:28:25-07:00

研究テーマ:ケータリング企業を革新する方法について。

2019-05-06T11:14:07-07:00

現代のケータリングの革新は、新しいアイデア、手段と方法を使うことを必要とします。 イノベーションの目的は、市場に応えること、顧客のニーズを満たすこと、そして最終的にはより良い社会的および経済的利益を得ることです。 意図した目的を達成するために独自の製品を開発したい場合は、革新的なケータリングの基本原則を把握する必要があります。 01 文化的テーマを強調する 今日ケータリングの文化はビジネスのあらゆる面に浸透しており、レストランのデザインのレイアウトや装飾から料理の色、香り、味、形、道具まで組み合わせがあります。 ケータリングのイノベーションの過程において、私たちは常に文化的特質の促進をビジネスの主な方向性と見なし、より健康で文化的なテーマを作り出​​し、ケータリング事業のための新しいアイデアを切り開くべきです。 古くから日本食はその美しいスタイルと文化的特質で知られてきました。 色、香り、味の統一により人々の食欲が増進され、人々が視覚的な審美的な楽しみを享受することから、ケータリング事業と革新は「食物」の基礎から切り離せません。 和食器の美しさと食べ物との調和は、日本の伝統的なフードアートの重要な部分であり、またケータリング事業の重要な部分となっています。 ケータリング用品の美しさ、質感の美しさ、色の美しさおよびパターンの美しさは、ケータリング器具の全体的な美しさに大きな影響を及ぼし、互いにブレンドされ新しい領域に到達します。 食環境は日本の食文化の審美的において重要な一面であり、良い食事環境は食の味を向上させることができます。全体の美しさを見せる方法、適切な食事環境をどのように配置し選択するか、レストランに季節毎の植物を配置する方法およびにランプなどのセットアップ方法は、現代のケータリング作業で研究されるべきポイントです。 ケータリングビジネスのイノベーションは、昔から時代の発展とともに人々の審美的な趣味やニーズの変化に応じて大きな変化を遂げてきました。 ケータリングのあらゆる側面に文化がしっかりと浸透またはケータリングビジネスが常に文化の主要テーマを中心に展開している限り、それは人々の心をつかみ消費者を引き付けます。 02 ビジネスプロジェクトを拡大する ケータリング製品の革新において、ケータリング市場の変化の研究や新しいビジネスコンセプトの確立、ビジネス方針の変更、新しいアイデアをあえて開拓することが求められます。 一部の企業がブランドや企業文化の影響を十分に発揮する場合は、企業の可能性を深め多様な事業の発展方向を探ることになります。 レストランのケータリングは元の現状に限定されるべきではなく、料理の風味を高め、専門性や新しいテーマを開発することが肝心です。 要するに私たちは伝統的なビジネスコンセプトと思考様式の束縛を乗り越え、市場の開発ニーズに従うことが求められます。 ケータリング事業は伝統的なモデルを打ち破ることを求められます。私たちは娯楽、知識、健康、栄養、情報を組み合わせ、食品を複数の文化的な形に統合する新しいサービスコンセプトを作成します。またケータリングのビジネスレベルの向上、文化的なコンテンツを増やすこと、レストランの特別なアイテムを増やすだけでなく、ユニークな食事の雰囲気を作り出し、ケータリングの消費レベルを向上させるレストランの社会的影響と利益の拡大をもたらします。 03 対象顧客に適応する 市場の細分化が進むにつれ、ビジネスイノベーションのためのケータリングも狭い市場レベルに注目するようになり、独自のテーマを持ったレストランが絶えず出現します。

研究テーマ:ケータリング企業を革新する方法について。2019-05-06T11:14:07-07:00