コラム

コラム2019-05-06T21:09:46-07:00

日々の思い

企友会会員によるビジネスコラムを掲載しています。

増大する主観性と議論の重要性

「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。」 上記はニーチェの言葉ですが案外事実と思っているものは他者から見ると全く違う事実があったりします。痴話喧嘩かと思い聞いていたら男の方が付き合っていると思っていて、女の方が友達だと思っていたなんて事に遭遇した事はありませんか?こんな事にニーチェの言葉を借りるのも何ですが二人の間には違った事実という幻があって、他者から見ればデートに行ったと言う行動の意味の二人の解釈が違っただけです。

February 20th, 2020|Categories: Column|

企友会会長就任の挨拶

本年1月20日の企友会年次総会において2020年度の企友会会長を仰せつかりました谷口明夫です。今まで6年間理事を経験し色々な活動に関わり、多くの方々との交流を通して社会との繋がりを実感しながら、企友会の運営の一端を担わせていただきました。 今回、会長として企友会及び日系ビジネス社会の発展にどのように貢献していくことができるか、会員の皆さんをはじめ理事の方達の思いや期待をしっかりと受け止め皆さんの協力を得ながら取り組んでいきたいと思っております。 企友会のミッションは「BC州における日系の事業家および起業を目指す人を支援し、日系ビジネス社会の発展に寄与する」であります。また、ミッションステートメントは「情報交換・相互扶助・発展」であります。 (企友会website; http://kiyukai.org/index.php/about/をご覧ください) 本年度の活動は、今までの活動を踏襲しつつ、多くの会員の皆さんに参加意欲を持ってもらえるような魅力ある活動・イベントを提供し、会員相互の情報交換・人材交流を活発にしていきます。また、外部ビジネス団体との交流を深め、会員の事業家や起業を目指す人達を支援していきます。

January 27th, 2020|Categories: Column|

インターネットでつながる情報化社会での人間関係

我々は毎日の生活の中で どれほど頻繁にインターネットを通して人と会話をしたり、様々な情報を入手したりしているのでしょうか。パソコンやモバイルがあればいつでもどこでも 誰かとコミュニケーションでき自分の欲しい情報(真偽の程は別に)が簡単に手に入る便利な世の中になったと感じています。 インターネットの普及した今日、簡単に手軽に人とコミュニケーションができる世の中になっていますが、しっかり意思疎通を図り、より良い人間関係を構築するために人はどのように他人とうまくコミュニケーションし付き合っていけばいいのでしょうか。 年末年始ともなると様々な人と顔を合わせる機会が多くなり、旧交を温めたり新しい人間関係を築いたりすることができるでしょう。私も年末にはクリスマスパーティや忘年会そして年始には新年会や名刺交換会に参加し、人との付き合いを大切にしたいと思っています。また、日本への年末年始の挨拶は便利なインターネットのEmailやSkype・Lineなどを使い、日頃のご無沙汰を失礼しながら引き続きのお付き合いをお願いしています。 インターネットによるコミュニケーションツールとしてFacebook、Twitter、InstagramなどのSNSが急速に普及して、人はそれぞれを目的、価値や好みで使い分けて不特定多数の人たちとのコミュニケーションが盛んになってきています。

December 27th, 2019|Categories: Column|

世界の縮図のような街で育つということ

バンクーバーで言語教育系スタートアップを立ち上げ、2年半が経とうとしています。 2年半といえば、いわゆる企業の駐在員であれば、そろそろ帰国を視野に入れ始めるくらいの頃かとも思います。ということは、2年半−3年間という期間は何かを為し得て、持って帰るべく成果を積み上げるのに十分な期間だということ?と自分が辿ってきた道を振り返ってみて、いやいや、まだまだ、とかぶりを振りながらも、はたと我が子の成長に目を向けると、頷かざるを得ないのです。この2年半が彼らの人生に与えた影響は計り知れず、この点だけにおいても、日本を出てカナダで起業をするという自身の決断に間違いはなかった、とも思えています。 私の娘二人は、公立のSecondaryとElementary、日本で言う高校3年生と小学校6年生に在籍していますが、明からに、少なくとも自分や子供達自身が日本では経験してこなかったことを最近の出来事から少しだけ紹介してみます。

November 3rd, 2019|Categories: Column|