Japan Consulting Corporation / Japadog  President

田村 徳樹

Kiyukai Interview Yujiro Nakajima
BUSINESS DATA:  Japan Consulting Corporation / Japadog 社長 田村徳樹氏。1974年栃木県小山市出身。青山学院大学経済学部卒業後就職し、携帯電話のI mode広告事業、パソコン教室などの事業で独立を試みる。その後リクルート社に入社。約3年間の営業において好成績を得るも、30歳を目前にし「人生で一番ワクワクすることやろう!」と決断。その時「海外」「屋台」「屋台から果てしなく大きくしていこう!」それを想像されたときはワクワクして眠れなかったとのこと。2005年31歳ワーキングホリデーでバンクーバーへご夫婦で渡加。3か月後、JAPADOGの屋台を立ち上げる。オープンから4年後の2009年2号店そして2010年3号店の屋台をオープン。つづいて初のレストランを Robson st. に構える。2012年ニューヨーク店、2014年にはロサンゼルス店をオープン。サンタモニカピアの桟橋の上、遊園地の前で、絶好調に営業中。現在バンクーバー近郊で、レストラン2店、屋台を10店。そしてアメリカ  カリフォルニアの全13店を直営店で運営。
http://www.japadog.com

幾度もメディアや新聞に取り上げられ「ハリウッドスターも通う店」としてバンクーバーでは誰もが知るJAPADOGの生みの親。その人となりはとても温かな親近感と夢への情熱に溢れている。彼が切り開くその道は後に続く者たちのためにと一線を走り続けるその力はどこからくるのか知りたくてインタビューは始まりました。

Japadogへの軌跡

本田: 海外でお店を始めようと思われたのはなぜですか?
田村: 海外で商売してみたいなという夢がすごくあったんです。大学時代に初めて行ったのがロサンゼルスだったんです。初日に行ったサンタモニカピアで「うわ、かっこいい!アメリカいいなぁ!」って感じて、絶対何かやろう絶対アメリカで商売したい、ってそのとき思ったんです。今思えば、大げさかもしれませんが、自分がやりたいって思ったことはもしかしてこれってどんどん現実になっていくんじゃないかなぁって最近感じてるんです。
24歳のとき「ここに戻ってきてやってやる」って思って、15年後にまさかサンタモニカにお店をオープンしたときは自分でも「ほ~そっか、人生ってこういうことなんじゃないのかなぁって」それじゃあ、こういうことばっかり考えておこうって思いだしたんですよ、良いことばっかり考えていたら、もしかしてこれ、どこまでできるか分かりませんけど。24歳のときの思い出です。
本田: あのサンタモニカのお店にはそのような出来事があったのですね。その頃、すでにホットドックのお店をやると言う夢を掲げていたのですか?
田村: いや、まだあの時は大学3年か4年で社会人経験もなくて、ただ単に漠然と何でもいいからとりあえずこっちで何かやりたいと。

本田: どうしてアメリカではなくカナダに?
田村: 最初はカナダは予定していなかったんですけど、僕の中では北米であれば、アメリカもカナダも同じじゃないかなって思ったのと、あとアメリカはビザの問題とか開業の準備をしてたらビザが取れないってことが分かって、そしたら陸続きのカナダではワーキングホリデーのビザが取れちゃう!じゃあまずはワーホリで行ってくるか、と。カナダ大好きですって感じで来たんじゃないんです…。カミさんもあんまり考えないほうでしてね、僕と一緒です(笑)当時リクルートで働いていたんですけど、じゃあやろうよやろうよ!って。面白いんじゃない?私も英語できないけどとりあえず行けば?っていうことになって(笑)丁度その時僕は30歳だったんです。ワーホリの申請も最後だったんで、それじゃあまず行ってから考えようかっていうことになりまして。なのですが、ほんとうに英語がですね、カミさんがこれ以上下がないような点数だったんですよね(笑)僕は500くらいだったんですけど、今でも変わんないです(笑)
本田: 行動力のある奥さまの存在は心強いですね。

本田: ホットドッグという商品を選ばれた理由は?
田村: これはですね、実はホットドッグじゃなくてもよかったんですよ。その代わり何でもいいから日本である程度の準備はしようと思って、クレープ作りを練習したり、あと寿司は握れたほうがいいのかなと思って、寿司屋さんにバイトに行ったりとか。当時日本で流行ってたのがメロンパンだったんです。じゃあメロンパンも勉強しとこうと思ってメロンパンのアルバイトに行って。とにかくいろいろ何でもできるような形にしといて、こっちで開業しようっていう。ただ結果的にそれがなぜホットドッグに行き着いたかといいますと、屋台には規制があって当時は屋台で販売していいものがホットドッグか、コーヒーか、ナッツだったんです。だから選択肢がなくて、それでまあホットドッグに。あの頃はホットドッグ屋さんが2ブロック置きにスタンドがあったんで、同じようなホットドッグを売ったってしょうがないなあって考えて、日本風のホットドッグでやっていこうかとなと決めたんです。なのでそんな大した理由じゃないんですよ。与えられたものっていうか、逆にそれで良かったんですけど。選択肢が自由だと、これもいけんじゃない、こっちもいけんじゃないって迷っちゃったと思うので。そう考えるとホットドッグしか売れないよってことで、僕としてもこの中でやるしかないってのが良かったかな。

本田: 今では誰もが知ってるジャパドッグですが、当時日本風ホットドッグへのバンクーバーの人たちの反応はどうでしたか?
田村: あんまり売れなかったですよね。普通のホットドッグちょうだいっていうお客さんがやっぱり圧倒的に多くて。でも物珍しさで、えっ何これ?それは何なの?海苔だよ~ってそんな会話がいつもあって。お客さんとのきっかけ作りというか、楽しさ提供としてはすごく良かった。ただ、売れたかというとやっぱり全然売れなかったですよね。

Kiyukai Interviewer Mika Shimomura

本田: だけどそれをずっと売り続けてこられたのですね?
田村: そうです。おろしとかも全然売れなかったんですよ。当時よくカミさんと、もう今日売らなくて良いんじゃない?って話したりとか(笑)そういう感じだったんですよね。それが年々だんだんお客さんがついてくれて。最初からどーんと売れたわけじゃなかったです。
本田: 別のブロックでは見慣れたホットドッグを買う人たちがいて、それでも田村さんと奥さまは自分のホットドックをずっと売り続ける、自分たちがやっていることを信じると言うのはとても気力がいったと思うのですが。
田村: 本当にホットドッグ屋さんが多かったので他の人たちと同じことをやれば同じ結果だろうなっていうのは絶対にありました。といっても料理人じゃないし、次なるアイテムがあるかっていうと選択肢がなかったからじゃあもうやるしかない、って。それよりも自分で商売できる喜びとか、僅かなお客さんですけど買ってもらえる、それがもう嬉しくて。それがあったから継続ができたんだと思う。少ないながらも近所のお客さんが「美味しかったよ」って来てくれるのが、それがすごく大きいですね。あ、やっぱり今日もおろしを切らしちゃいけないなとか(笑)ほんとにそういう思いですよね。

Kiyukai Interviewer Mika Shimomura

日本の力を引き出し、限界の向こうにある世界に。

本田: 私は日本の文化を海外に伝えるような仕事をしたいと思っているんですが、ジャパドッグは日本の文化が詰まったホットドッグを海外に発信されていて、その意味や大切さをぜひ聞かせてください。
田村: 難しい質問ですね。僕たちのミッション、ホットドッグのスリーブにも書いてあるんですけど、

”Delivering Dreams, Happiness and excitement to the world through hotdogs. ホットドッグを通じて、世界中の人達に夢と幸せとワクワクを届けていこう”

これが全てなんです。せっかくやるんだったら、ただの食品の提供に終わりたくない、作って終わりとかじゃなくって。何ていうんかなぁ。
本田: 田村さんのブログでもよくおっしゃってる「日の丸」。
田村: あっ、そう!日の丸ですね、日の丸背負ってるんですよ。そう思ってるんです。最近日本から海外へ出て勝負していこうって人が少ないように僕は感じるんです。せっかく良い才能とか持ってても日本の中でそのまま花開かせない人がすごく多いなって感じてて、外へ出たらこんなにもっと楽しいこととかワクワクすることがあったり、やりがいにも満ち溢れている。北米で見ていると、もっともっと日本人が勝負していったらすごくいいなって思うんですね。日系社会のチャレンジってものが意外と少なくて寂しいなって感じたりするんです。僕はカナダやアメリカでできるだけたくさんの人に会って、同じ思いを持って一緒に頑張りましょうってなるんですけど、そう言うのがすごく少なくて。日本ってもっといっぱい良いものを持っている会社とか、良い商品とか、良い人とか、もっとチャレンジしてみたらもっと活気のある世の中になっていいんじゃないかなぁって思うんです。
本田: 日本の中だけでは勿体ないということですね。

Kiyukai Interviewer Mika Shimomura

田村: 勿体ないですね。最近社員にも伝えるようにしているんですけど、やっぱり道を切り開いていこうよと、自分たちが創り上げていこうよと。それが成功すれば、後ろからやってみようって人が増えてくるから。自分たちで開いて、未開拓分野にもどんどん入っていこう、って発破をかけてるんです。やっぱりどうせやるんだったら僕はバンクーバーだけではなく広くチャレンジしていきたいって思うんです。Japadogのミッションに『世界中に』が入っているのは、そう言う思いからなんです。世界中に夢を与えていきたいなって思うんですよ、やるからには。
本田: わたしも同じように思います。今の日本は、外にでるとリスクが高いから安全な内に内に向いている感じがします、企業もそうですし、人もそうですし。外へ出たらもっとチャレンジできるのに、しない日本が見えるような…。
田村: まさにそういう感じがします。じつはもっとすごいワクワクな世界が待っているかもしれないんだって言うのをどんどん伝えていけたらいいなぁって思います、ホットドッグを通して。
本田: もう十分にそうされていらっしゃいます!

Kiyukai Interviewer Mika Shimomura

田村: いやいや、ほんとにまだまだ全然。でももっと身近なところで、スタッフの子にも少しでもそれを感じ取ってほしいなって思ってます。ただ単にホットドッグを売る商売をしているわけじゃなくて、自分たちのジャパドッグをやっている意義っていうのは、チャレンジであって、後に続く人たちにも道を切り開いていって、そこからどんどん新しいチャレンジが増えていったらいいな、っていうのをできるだけ伝えるようにしています。
本田: ホットドックを売るだけでは終わらずに、おいでよ、楽しいよ!って言われてる感じがします。
田村: そう!おいでよって言いたいですね。みんなでやろうよって。そしたら、もっと日本から出る人も増えて、飲食の世界だってもっと楽しいだろうなって思うんですよ。

本田: 日本にはそれだけの力があると思いますか?
田村: あると思うんですよ。だから気持ちの問題だろうなって。だけど、僕はまだそこの域に達していないので。だからもっと突き抜けていきたい。売り上げにしても店舗数にしても知名度にしても、まだまだ北米の社会でグッと突き上げたいですよね。そこまでやらないと伝わらないだろうなというのもあるので。だから、みんなもそこまで行こうよっていうのを今やろうと。
本田: 田村さんはこれだけ突き抜けていらっしゃってご多忙なのはもちろんですが、北米で日本人経営者として認められ沢山の人を惹きつけられていて、とても容易にお会いできる存在とは思えなかったのですが、実際お会いすると不思議と手が届く感じというのか、垣根が低い風通しの良さを田村さんから感じるのは、きっとそういった想いからなのだと言うのがわかりました。みんなおいでよ、できるからって言う想いを感じられるのだと思います。
田村: いやいや、全然そんなことないです。でも、ただそっちの方が楽しいじゃないですか。僕も友達とかがみんながそうだといいなぁって思うので。でも必然的にそういう人が集まりやすくなるのかなとは思いますけど、みんながそうだといいなぁって。
本田: 田村さんのお仲間の方がたや、ジャパドッグのチームの皆さんはそういう人達が集まっていらっしゃるのですね。

Kiyukai Interviewer Mika Shimomura

後編では、彼の原動力、Japadog流ワクワクする生き方のお話へと。来月をどうぞお楽しみに。

立命館大学経営学部 本田 安澄, Interviewer