Column

Home/Column

理事コラム: これからビジネスを始めたい方へ〜知ってもらう事の重要性について〜(佐藤 悠貴)

2022-05-31T14:57:49-07:00

今から三年ほど前、私は日本に一時帰国する際にどうしても再び行きたいお店があり、Google Mapでお店の名前を調べたことがありました。 そのお店は個人的には「世界一おいしいだし巻き卵が食べられるお店」であり、友人を連れて行っても同じ理由でリピーターになってくれるお気に入りの場所でした。 有名になって予約が取れないお店になっていたらどうしようと思っていたのですが、予想に反してスマホの画面に表示されたのは "Permanently Closed" の文字。自分の中で大切なお店が、ひとつなくなっておりました。 振り返って思うと、恐らく店主さんもオーナーさんも、口コミで頻繁に書き込みされている「だし巻き卵」には注目していない様子でした。 お店に行った際、店主さんにそこのだし巻き卵がいかに美味しいかを伝えても「僕は食べないし、わかんないんですよ」と気にした様子はなかったし、飲食店紹介サイト上の紹介でも「日本酒の豊富さ」をアピールしている記載が変わることはありませんでした。 お店の都合やマーケティングの方針もあると思いますが、もし口コミで取り上げられている「だし巻き卵」を強みとしてもっとアピールできていたら・・・未来が変わったかはわかりませんが、そのようなことを考えさせられる出来事でした。 なぜこの話をしたかと言うと、私自身がビジネスをスタートできたのは、逆に自分のもっている価値を「知ってもらえた」からだということをお話したかったからです。 そしてビジネスを続けるには「価値を知ってもらい続ける努力をする」必要があるとも確信しています。 私自身は現在Webサイトの開発や運用について、ありがたいことに複数の企業様から相談を受けてビジネスをさせて頂いているのですが、これをスタートできたのは某企業の社長様が私のことを覚えてくれていたからでした。 はじめ語学留学生としてカナダに渡航していた私は、当時利用させて頂いていた留学エージェント様のオフィスに度々訪れて、文法書を借りたり単語帳をめくったりしていました。週に3度も4度も尋ねるので、オフィスのスタッフの方々とも知り合いとなり、自身がエンジニアだということも話していたため、やがてパソコンの困りごとなどをこっそり直したり教えてあげたりすることが何度か起きるようになりました。 また、オフィスやそのエージェント様のイベントにも多く参加していたため、社長様ともお会いする機会も何度もあり、顔だけは覚えてもらっておりました。 それから月日が経った頃、ある時その方から「うちのサイトに機能を追加したり出来ますか?」とお声掛けいただきました。それが私のビジネスのスタート地点です。 覚えてもらおうと意識していたわけではありませんでしたが、恐らく「うちのオフィスに出入りしているパソコンに詳しいやつがいる」くらいに覚えててくださっていて、そこにたまたま需要が重なったおかげでこの機会に繋がったのだと思います。 ITスキルがあるということと、私自身の存在、どちらも彼に知られていなければ、このチャンスは起きえなかったでしょう。 私の場合は「ビジネスを始めたくて始めたくて仕方がない」状態ではなく幸運なきっかけからはじまったことですが、これからビジネスを始めたい方は特に能動的に「知ってもらう」活動を続けるべきでしょう。偉そうな言い方になってしまいましたが、これからビジネスをスタートしたい方、私のようにスタートしたての方に、何か気づくきっかけになれば幸いです。 皆様のビジネスの「だし巻き卵」が見つかり、多くの方に認知され発展できますように。 企友会理事 佐藤 悠貴

理事コラム: これからビジネスを始めたい方へ〜知ってもらう事の重要性について〜(佐藤 悠貴)2022-05-31T14:57:49-07:00

理事コラム:石橋を叩かない勇気が必要か(三崎 望樹広)

2022-04-26T14:53:23-07:00

バンクーバーでピアノ講師を始めて早一年。私は音大出身ではないのですが、縁あってピアノ講師の仕事を始めることが出来ました。以前は金融機関でサラリーマンをしていましたので、全くの畑違い。「いつかピアノと関わる仕事がしたい」と職場で言った時に、「そんな銀行員聞いたことも見たこともねぇ!」とからかわれたことは良い思い出です。

理事コラム:石橋を叩かない勇気が必要か(三崎 望樹広)2022-04-26T14:53:23-07:00

理事コラム:国境を超えた価値共創の場で多くの日本人が輝く未来(ホール 奈穂子)

2022-04-11T19:41:16-07:00

今日は4月10日。 ちょうど5年前の今日、2017年4月10日に私は家族を連れWork Permit(と引き換えられるはずのレター)を握りしめて日本を旅立ちました。 16年勤めた国立大学を退職し、共同経営者と共にバンクーバーで英語コミュニケーションスキルを向上のためのプログラムを開発する会社を設置するためです。 英語教育なんて、レッドオーシャンに飛び込むようなものだ。

理事コラム:国境を超えた価値共創の場で多くの日本人が輝く未来(ホール 奈穂子)2022-04-11T19:41:16-07:00

会員コラム:入会挨拶とサービス紹介 MATSUNO(松野真千)

2022-04-11T19:43:35-07:00

初めまして、約1ヶ月ほど前に企友会に入会をしたばかりの松野真千と申します。32歳、嫁にも行かず(笑)バンクーバーに来ました。日本では医療機器の営業を9年間しておりました。社長や社員の方、お客様に支えられ、おかげさまで年間約1億売り上げ、1位の成績を残すことが出来ました。皆様に自信をつけて頂いた私は、更にライフステージを上げたいと思い、コロナの状況下ではありましたが去年カナダへ留学の為に来ました。

会員コラム:入会挨拶とサービス紹介 MATSUNO(松野真千)2022-04-11T19:43:35-07:00

理事コラム:会長就任について(岡本裕明)

2022-03-03T23:39:56-08:00

皆様、改めましてこんにちは、企友会の会長に就任しました岡本裕明です。 企友会の理事をもう25年ぐらい勤めており、生きた化石状態だったのですが、ミイラが蘇りました。 冗談はさておき、なぜ、私が今、会長就任をお引き受けしたかお話しします。

理事コラム:会長就任について(岡本裕明)2022-03-03T23:39:56-08:00

理事コラム:コロナで、どう変わった?(塚本隆志)

2021-12-29T17:48:24-08:00

コロナの感染が広がってから約2年、皆様の生活はコロナでどう変わりましたでしょうか?私の仕事、生活の両面で何が変わったのかを振り返ってみました。

理事コラム:コロナで、どう変わった?(塚本隆志)2021-12-29T17:48:24-08:00

理事コラム:ポストコロナ時代に向けた新たなビジネスのスタイルについて(松本真子)

2021-12-29T17:48:44-08:00

2020年12月28日 理事コラムに掲載された『コロナ禍におけるビジネス展開について〜変化を捉えて対応する〜』に続き、ポストコロナ時代に向けた新たなビジネスのスタイルについて私の考えを述べさせていただきます。

理事コラム:ポストコロナ時代に向けた新たなビジネスのスタイルについて(松本真子)2021-12-29T17:48:44-08:00

理事コラム:起業のススメ In Vancouver(岡本裕明)

2021-09-08T09:24:11-07:00

私がバンクーバーに着任した1992年、バンクーバーの某邦銀に着任の挨拶に行った。支店長が「岡本さん、日本に親会社を持つバンクーバーの企業は軒並み赤字ですよ、7-8割かな」と新人の私に衝撃の一撃をくらわした。だが、「ということはここで成功する企業は日本でもアメリカでもどこででも成功するということですよ」と。なるほど、この銀行は私に試験をしているのだな、と理解した。

理事コラム:起業のススメ In Vancouver(岡本裕明)2021-09-08T09:24:11-07:00

理事コラム:脳科学とテクノロジーの融合で描く、日本人が自由に英語を話し、世界を舞台に活躍する未来(ホール奈穂子)

2021-08-14T01:39:47-07:00

「いずれ日本を牽引していく層となるべき学生が、こんなことではいけない」 九州大学に勤続して12年目を数えた年、私は海外オフィス駐在員として、米国カリフォルニア州のいわゆるシリコンバレーと呼ばれる地域で同大学生へ向けた短期留学プログラムを企画・運営し、年間120人を超える学生を受け入れていました。

理事コラム:脳科学とテクノロジーの融合で描く、日本人が自由に英語を話し、世界を舞台に活躍する未来(ホール奈穂子)2021-08-14T01:39:47-07:00