Report

Home/Report

ばんてらレポート:パティオでばんてら

2021-09-08T09:20:59-07:00

2021年度第三回ばんてらは、今年初となるパティオでの対面形式で開催しました。スペシャルゲストとして羽鳥総領事もご出席され、幅広い分野・年代でのディスカッションとなりました。今回は前半でコロナ禍での仕事の変化として「リモートワークのメリットとデメリット」、後半では、「企業はSDGsに対してどう向き合うべきか」についてが主な議題でした。

ばんてらレポート:パティオでばんてら2021-09-08T09:20:59-07:00

2021年度 企友会・日加商工会議所共催ゴルフトーナメント レポート

2021-07-31T19:10:04-07:00

2021年 7月25日(日)に、21名の精鋭ゴルファーがMeadow Gardens Golf Clubに集い、快晴のゴルフ日和の中、2021年度 日系ビジネス団体共催ゴルフトーナメントが開催されました。

2021年度 企友会・日加商工会議所共催ゴルフトーナメント レポート2021-07-31T19:10:04-07:00

ばんてらレポート:バンクーバーの格差を無くすには?

2021-06-30T00:26:17-07:00

2021年度第2回目のばんてらは、「バンクーバーの格差を無くすには?」をテーマにオンラインで開催致しました。SDGsの目標1~3は「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」「すべての人に健康と福祉を」と、それぞれ格差問題と関係があるものです。

ばんてらレポート:バンクーバーの格差を無くすには?2021-06-30T00:26:17-07:00

ばんてらレポート:SDGsを深掘り - ジェンダー平等を実現しよう

2021-05-03T03:54:52-07:00

この度は2021年度第1回目のばんてら「SDGsを深掘り - ジェンダー平等を実現しよう」というテーマでオンライン議論を開催しました。ジェンダー平等とは男女の差別を解消し、個々の能力が活かされ、安全で安心して暮らせる社会を作っていくことです。

ばんてらレポート:SDGsを深掘り - ジェンダー平等を実現しよう2021-05-03T03:54:52-07:00

セミナーレポート:「SDGsをチャンスにする」

2021-04-19T02:42:46-07:00

株式会社ひらりの大江亞紀香さんを講師にお招きし、「SDGsをチャンスにする」をテーマにオンラインセミナーを開催しました。SDGsとはSustainable Development Goals(持続可能な開発な開発目標)の略であり、2015年の国連サミットで採択された国際社会共通の目標です。2030年の未来を見据え、向こう15年間における17の目標と169のターゲットを設定したものです。

セミナーレポート:「SDGsをチャンスにする」2021-04-19T02:42:46-07:00

2021年企友会・懇話会共催新春懇談会/交流会−業界の声を聞くパネルディスカッション−

2021-02-08T01:44:22-08:00

2021年1月27日、オンラインで2021年企友会・懇話会共催新春懇談会/交流会−業界の声を聞くパネルディスカッション−を開催しました。連絡協議会議長もつとめる岡本裕明企友会理事をモデレーターに、バンクーバーの日系ビジネスを代表するような業種に携わる方をパネリストとしてお招きしました。

2021年企友会・懇話会共催新春懇談会/交流会−業界の声を聞くパネルディスカッション−2021-02-08T01:44:22-08:00

10月7日(水)第4回「ばんてら」プライシングー値付けの極意を開催しました!

2020-11-11T22:27:34-08:00

バンクーバーで活躍するビジネスパーソンが学び、熱く議論するばんてら(バンクーバー寺子屋)。今年度の統括テーマは「マーケティング」です。

10月7日(水)第4回「ばんてら」プライシングー値付けの極意を開催しました!2020-11-11T22:27:34-08:00

第3回ばんてら レポート

2020-07-14T23:53:35-07:00

コロナのパンデミックにより、ビジネスや人々の生活に制限が強いられるようになってから早3ヶ月が経過しました。現在は、BC州が発表する全4段階からなる経済再開計画の第3段階に入っている中、7月8日(水)第3回目の「ばんてら」が開催されました。前回同様オンラインでの開催となりましたが、第1回目に比べると参加者のオンラインミーティングへの慣れもあり、リラックスとしたムードの中、活発的に質問や意見交換が行われた回となりました。第3回目のテーマは「あなたのウェブサイトを検索結果の上位に表示させる仕組み(SEO)とSNSのビジネス活用で押さえるポイント」。プレゼンターはWeb制作会社「CGA International Enterprises, Inc.」を経営される藤井研二さんです。 本題に入る前に、司会のホール理事主導の元、様々なビジネスの経営者である参加者のみなさんに「あなたの事業で新規顧客獲得のきっかけは何ですか?」という質問に回答して頂きました。みなさんの回答ではWebからの集客よりも「知人の紹介」「口コミレビュー」が多かったことが印象的でした。そして、プレゼンターの藤井さんにバトンタッチし本題へ。 近年では、WebサイトやSNSを活用したデジタルマーケティングが企業マーケティングの主流となっている中、自分にはITの知識がないから対応できない為、Webサイトの構築は専門家に任せるしかないと思われている経営者は少なくない様です。また、SEOと聞いてもただ漠然と「難しそう」というイメージが先行しがちですが、セミナー冒頭で藤井さんより「SEOは難しくない」という結論を頂きました。 今回のばんてらでは、参加者の知識の差もある事から、SEOの歴史や仕組み、取り組む事へのメリットなどをマインドマップというものを見せて頂きながら説明を頂きました。「SEO(Search Engine Optimizationの略)とは?」という大枠のテーマから入り、「何故SEO対策が必要なのか」、「SEO対策をすると自分のビジネスにどの様なメリットがあるのか」と細部まで一連の解説があった為、参加者は難しいと感じつつも少しITやWebに親しみを感じられたのではないかと思います。 SEOの結論は「ユーザーに価値のある情報を提供し続けること」です。その「価値のある情報とは何か」という事は、皆さんが冒頭に語っていた「知人からの紹介」「口コミレビュー」が多いかどうかでユーザーは判断しているのではないでしょうか。それはつまり「信頼性」であり、SNSではフォロワー数やシェア数で表現されており、Webサイトでは検索結果で上位に表示される事が当てはまる様です。 検索エンジンの結果に自社のWebサイトを上位表示させる3つのポイントを学びました。1つ目は「専門性(Expertise)」です。Webサイト内の記事数、文字数、対策キーワードの説明の深さなどが関係します。2つ目に「権威性(Authoritativeness)」という、例えば領事館や東京大学など有名な機関や学校のWebサイトに自社サイトのリンクが貼ってある事(被リンク)。そして最後に「信頼性(Trustworthiness)」です。これはWebサイトの記事の執筆者に信頼性があるかどうか(有名かどうか)が影響する様です。上記の3つのポイントを意識しながら、Webサイトの構造を整えていく事が重要であると学びました。 SEOの知識をつけていく事は、結果的に見込みの高いユーザーの獲得、質の高いユーザーの定着が図れます。話を聞けば聞くほど奥が深い分野であり、参加者からかなり質問が飛び交っていました。今回も非常に充実したばんてらでした。次回は10月開催を予定しております。 企友会ボランティア 稲益ほなみ

第3回ばんてら レポート2020-07-14T23:53:35-07:00

セミナーレポート オンラインセミナー「YouTube と Instagram の始め方、フォロワーの増やし方、ビジネス利用について」

2020-06-22T02:45:59-07:00

企友会もソーシャルメディアを今年から強化していこうと既存ソーシャルメディアの投稿を増やしYouTubeでのイベントの投稿も始めました。そんな矢先、先月好評でしたハリウッド映画のセミナーの二次会でコロナでYouTubeを始めた人も多いしそれについてセミナーを行ったらどうかと言うご意見を頂き、オンラインセミナー「YouTube と Instagram の始め方、フォロワーの増やし方、ビジネス利用について」を開催しましたのでレポートを掲載します。 講師にはフィットネスグループEXERGiRLSメンバー及び2019年ミスインターナショナルファイナリストの徳松奈々依さんを招き、投稿の際のコツや投稿内容の決め方などご指導頂きました。また、ばんてらで好評だったワークショップも導入し自身のメディアの方向性、目的、投稿スケジュール、マネタイゼーションなど詳しく決めていき計画がより明確になったのではと思います。やはり、参加者の皆さんフォロワー、サブスクライバーが増えずに悩んでいるようでしたが、徳松氏曰く最初は増えないのは当たり前、根気強く定期的に投稿して行けばいきなりサブスクライバーが増えるというアドバイスをもらい皆さんモチベーションが上がっていました。 今回のセミナーはいつも以上に若い方や日本から参加された方が多くエネルギッシュなものになりました。オンラインでイベントを開催するとこんなに離れた場所でも繋がれるんだと言う実感は大きいです。企友会のこれからのイベントも新規の方、日本から参加の方を増やしていければ新たな方向性も見えてくるのでは、と感じました。やはり、このような参加者が増えたのは今年から力を入れ始めたソーシャルメディアの影響が大きく、セミナーの内容からだけではなくこのような体験からも重要性を痛感させられましたし企友会のフォロワーが増えればこれからのイベントには更に多くの方が参加してくれるのでは?と感じさせてくれる瞬間でもありました。 セミナー終了後には参加者同士のアカウント情報をシェアし合いお互いにフォロワーを増やし、助け合っていく仲間となれたのでそういう点でもこのセミナーの意義は感じられました。一方通行のセミナーではなく、参加者が手を動かし、学び、繋がれる良いセミナーになったのではと思います。これからもこのようなイベントは続けて行きたいですね。 企友会理事 山本遼

セミナーレポート オンラインセミナー「YouTube と Instagram の始め方、フォロワーの増やし方、ビジネス利用について」2020-06-22T02:45:59-07:00

ばんてら2回目 レポート

2020-10-13T23:58:33-07:00

新型コロナの影響でいつもとは違いひっそりとしているバンクーバーですが、5月6日(水)2020年第2回のばんてらがオンラインミーティングで開催されました。 今回のテーマは「マーケティングの基礎!売上アップのためにはお客さんの数を増やす~新規顧客獲得方法~」。講師はトロントよりビジネスコンサルタントの久保さんです。 まずは、岡本理事よりマーケティングとセールスの概括。自身の経験からカナディアンに日本の会社が受け入れられた戦略、結果いい物を作ると口コミで自社の評判が広まりマーケティングコストがゼロになったという成功経験の紹介。次に、BC州政府からの5月半ばには段階的に様々な規制を緩和していくことが発表があったと明るいニュース。医療サービス、レストラン、美容室などが再開される見込みとのことで、学校についても段階的に再開に向けた判断がされそうです。 そして、いよいよ久保さんよりマーケティングの講座です。マーケティングとは、「お客様に価値を提供してお金をいただくこと」ということで工具用のドリルを例に4つのポイントを教わり、演習1で全員でそれぞれのポジショニング・ステートメントを作成し、自社が提供している価値が何かを規定することができました。 その後、ロジックツリーのメリット4つを教えていただき、演習2として自社の課題や問題を浮き上がらせるロジックツリーを作成しました。例えば、「会社全体の売上が減少している」、「従業員がすぐやめてしまう」などのメインの課題からツリーのように枝分かれをして理由を3つ見つけ、そこからまた枝分かれで2つ理由を見つけるという風に原因を追究します。久保さんからは理由はダブらせないようにとアドバイスがありました。(MECE:漏れなくダブりなく) 最後の演習では、4つにグループ分けをし代表者の自社のステートメント、課題を実際に決めて売上向上案を3つ発表しました。参加者からは、「SNSを利用して顧客を囲い込むこと」や、「クロスセルで単価を上げる」。「関連性の高い企業とのタイアップをする」など今回のテーマである新規顧客獲得方法に結びついた戦略が出ていました。「ターゲットが1つに絞れない」という質問にもトヨタが大衆者向けのカローラや富裕層向けのレクサスを売っているように、1つでなくても問題ないと久保さん。それぞれが売上アップの方法を考え、改めて問題を振り返るいい機会になったのではないでしょうか。グループになって意見を出し合うことで、他の参加者の意見からビジネスのヒントを得た参加者も見受けられました。今も昔も方法は違えど対面だったりSNSを駆使してよい人間関係を作り、自社の弱点を見つけカバーし、様々な視点からの戦略を練ることがマーケティングのポイントだと学びました。 最後に久保さんから、4つのステップで手を動かしてみて、すぐ実践すること。コロナでも今だからできることもあると前向きなお言葉もいただきました。終了時間になってもたくさんの参加者がそのまま残り久保さんに質問が飛び交い、参加者の興味の高さが見られとても充実した今回のばんてらでした。 第3回ばんてらは7月開催を予定しております。 テーマや日時、開催方法などは後日企友会HPへ掲載されます。 書記 鈴木(ボランティア)

ばんてら2回目 レポート2020-10-13T23:58:33-07:00